Photoset

佐賀市のカラオケバー。

The karaoke bar in Saga.

Saga-city,Saga,JAPAN

Camera:Konica RECORDER

Film:FUJIFILM SUPERIA 400

Photoset

cubebreaker:

In his series, The Good Badlands, photographer Guy Tal seeks to show us that though it is often hidden, and may only appear briefly, there is delicate and subtle beauty in abundance for any viewer with patience and desire.

(zaigaから)

Quote
"

米長さんは「40代半ばのスランプ」のときのことを書いておられます。

「どうしても20代の若い棋士に勝てなくなった」という米長さんは、ある若手に「理由を率直に訊ねてみた」のです。

「先生と指すのは非常に楽です。先生は、この局面になったら、この形になったら、絶対逃さないという得意技、十八番をいくつも持っていますね。でも、こちらのほうも先生の十八番は全部調べて、対策を立てているんです。だから以前には通用しても、もう今は通用しません。しめた、自分のパターンに入った、と先生が思う時を僕らも待っている。それを先生はご存知ないものだから、僕らとしてはやりやすいのです。

 優勢だと思っていた局面は、実は私にとって不利な局面だったのである。

 では、私はどうすればいいのだろう。

「自分の得意技を捨てることです」

 と、彼は答えた。なるほど、一理も二理もある意見だ。

 自分の「十八番」だからこそ、「しめた!」と思ってしまうからこそ、ハマってしまう落とし穴。

 40代である僕にとっては、ハッとさせられる話でした。

 年齢とともに、自分の「型」みたいなものができて、それなりの自信もついてくる。

 ところが、その自信が、自分のアップデートを止め、「弱点」を生んでしまう。

 「自分よりも若い人に率直に聞いた」心構えと人脈があればこそ、米長さんはこのことを知ったのですが、これに気づかないまま「なんで自分のやりかたが通用しなくなったんだ?」と悩みつつフェードアウトしていく中年世代は、少なくないはず。

"

【読書感想】不運のススメ - 琥珀色の戯言 (via itokonnyaku)

(takeoriから)

Quote
"

上司「俺の事をウジ虫野郎と呼んでくれ」

俺「なんでですか」

上司「俺のメンタルはどのレベルなのかを知りたい」

俺「ウジ虫野郎」

上司「会話の流れで使ってくれ」

〜電話〜

俺「はい◯◯の××です。少々お待ちください」

俺「おいウジ虫野郎電話だ」

上司「やめよう」

"

Twitter / kalahilo (via yorozuna)

(konishirokuから)

Photo
tkr:

Twitter / kalapattar: 今日のスカイツリーのデビルタワー感やばいんですけど!過去最高 …
Photo
mrsdentonorahippo:

Jimi Hendrix with his first guitar 1957

mrsdentonorahippo:

Jimi Hendrix with his first guitar 1957

(shortcutssから)

Photo
ロシア・ウクライナ・ヨーロッパ・ラウンジ。
Lounge of  Russian and Ukrainian and European.
Chiba-city,Chiba,JAPAN
Camera:Canon Demi EE17
Film:FUJIFILM SUPERIA 400

ロシア・ウクライナ・ヨーロッパ・ラウンジ。

Lounge of  Russian and Ukrainian and European.

Chiba-city,Chiba,JAPAN

Camera:Canon Demi EE17

Film:FUJIFILM SUPERIA 400

Photoset

鳥栖駅。

Tosu Stattion,Tosu-city,Saga,JAPAN

Camera:Konica RECORDER

Film:FUJIFILM SUPERIA 400

Quote
"日本のオバケが「学校も試験もなんにもない」と行って朝でも寝床でグーグーグーしている間、アメリカのオバケはモンスターズ・ユニバーシティという大学まで打ち立てて教育に勤しみ、世界的な名声を上げたのです。"

Twitter / kaisinnot: 日本のオバケが「学校も試験もなんにもない」と行って朝でも寝床 … (via wideangle)

(nashi-kyoから)

Quote
"

ホテルオークラ東京「言葉遣いの基本」

基本1 単語止めで話を終わらせない

「これ、会議の資料」などの乱暴な言い方は同僚でも避ける。「これは会議の資料です」と、「です・ます」で丁寧に。


基本2 「が」止めで話を終わらせない

「話し中でございますが」と、文が途切れたまま終えるのは×。続けて「ご伝言を承りましょうか」など自分の対応を加える。


基本3 安易にカタカナの言葉を使わない

「佐藤様、フルネームをお願いいたします」は×。安易にカタカナ言葉を使うと、相手を不快にさせることもある。


基本4 熟語はあまり使わず、平易な話し言葉を使う

「離席」「出張中」など、硬い印象の熟語は避ける。「席を外しています」「出張しております」と、話し言葉で分かりやすく。


基本5 相手の使った言葉は別の言葉に置き換えない

相手が「リザベーション」と言ったのに、「予約」と言い返すなど言葉を安易に置き換えると、不遜と受け取られかねない。

"

ホテルに学ぶスマート敬語、基本のき:日経ウーマンオンライン【大人女子の教養講座】 (via 719043)

(元記事: clione (nashi-kyoから))